HOME > 会社案内 > 企業方針

企業方針

ISO品質・環境方針

株式会社ユーコーリプロは平成4年に設立以来、全国の使用済み遊技機の適正処理と再資源化により廃棄物の発生を抑制し、地球及び地域環境問題の改善に努めております。
当社は、「お客様満足の実現」、「環境問題の改善」及び「地域社会・遊技機業界発展への貢献」を目指して、以下のことを行います。

  1. 事業の根幹である適正処理と再資源化を確実に行うことで、
    資源・エネルギーの節約と廃棄物の削減を推進します。
  2. 「サーマルリサイクル」から「マテリアルリサイクル」や「リユース」への展開により
    更なるリサイクル効率の向上へと取り組みます。
  3. 処理及び再資源化システムを構成するソフト面・ハード面の改善・効率化・管理強化を通じて、
    地域社会への汚染の予防に努めます。
  4. 環境省認定の使用済み遊技機における「広域認定制度」及び「廃棄物処理法」をはじめ、
    関連する環境法規及びその他の同意する事項を確実に遵守します。
  5. 使用済み遊技機及び使用済み遊技機から取り外した部品等の輸出に関して、
    法令等やメーカー指針・要求を遵守し、安心と信頼を与えるサービスに努めます。
  6. 品質及び環境の目的・目標を定め、マネジメントシステムの継続的改善を行い、
    パフォーマンスの向上に努めます。

この品質・環境方針は、全社員に周知し、一般へも公開します。

2010年2月1日
株式会社ユーコーリプロ
代表取締役会長 金海 龍海

リサイクル方針

私たちユーコーリプロは、リサイクル事業者としてメーカーとユーザーの両方を見渡せるポジションにあります。
つまり私たちは、より効率的にモノを循環させるアイデアや技術について、十分な経験と様々なノウハウを蓄積できるという大きな可能性に満ちたポジションにあるということなのです。
使命を果たし終えた部品や素材の未来を考え、マーケット需要を見極める。そうして新しい可能性を探り創造していく。
こうした「モノづくりの発想」を企業文化として育ててくことが、「循環型社会への貢献」を目指す者の使命だと私たちは考えます。
私たちはすべてのモノを再使用・再利用する「オールリユース社会」の実現に向けて、取り組んでいきます。

社会貢献

身障者の社会経験サポート
ユーコーリプロでは、工場内作業の一部を社会復帰センターへ委託し、障害者への雇用機会の提供や社会経験を積むサポート等を行っています。こうした取り組みは、02年からスタートし、今ではリユース部品の検品作業の一部を授産施設にお願いする等、その取組み枠は広がっています。
海岸清掃の実施
ユーコーリプロでは、2009年より、北九州市で毎年実施されている「まち美化キャンペーン」の1つである、岩屋海岸の清掃活動に参加しています。

PageTop